箱根ガラスの森美術館 ヴェネチアン・グラスミュージアム  
 
インフォメーション
最新情報・ブログ
割引チケット
ホーム/庭園/マガモ

マガモ

箱根ガラスの森美術館の人気者です。夏には可愛らしいマガモのヒナが生まれます。

   

マガモ

 

マガモ
Anas platyrhynchos

鳥類 カモ目 カモ科

 

箱根ガラスの森美術館の人気者です。 オスの頭は青みがかった緑色で首に白い輪があり、春になると特に色鮮やかになります。メスはオスより地味で全身褐色の縞模様です。えさは、とうもろこしなどの穀類を中心に与えています。

箱根ガラスの森美術館庭園で生まれ育ったカモの大半は渡りをせず、池に住み着いたままでいます。
近年は他所から飛来したアイガモやマガモ・カルガモが庭園の池に来ているようです。

   
 
 
マガモのヒナ

6月から8月にかけて、池中央にある島のパラッツォ・ドゥカーレ・シャンデリアの下などに巣を作り卵を抱きます。 メスが30日前後あたためふ化し、生まれたその日にはもう池に出て親ガモの後ろを一生懸命について泳ぎます。
シャンデリアの下は外敵から身を守りやすく、光の回廊が島へのカラス等の飛来と離陸コースを塞いでいるようです。

 
これまでのマガモのヒナ孵化日
2007年7月13日 2008年7月20日 2009年8月27日 2010年7月01日 2011年8月8日
 
マガモのヒナ
 
マガモのヒナ
マガモのヒナ生後50日
ヒナの成長は早く、孵化してから約50日で親ガモと同じぐらいの大きさになります。
 
 
季節・企画展により展示作品・レイアウトが変わる場合がございます。
   
ホーム/庭園/マガモ
   
公式ブログ・最新情報
YouTubes動画チャンネル
  クリスタル・トリオ・アンサンブル特別コンサート 会期:7月15日から8月31日(毎週水曜日休演)
セーンジャー馬頭琴コンサート 毎週水曜日開催
夏休み自由研究 ガラスの昆虫たち ガラスのカブトムシやクワガタ、チョウ、トンボなどが大集合
うかい 箱根ガラスの森美術館  

箱根ガラスの森美術館は箱根仙石原 国道138号線沿いにございます。  YAHOO!地図
開館時間:午前10時から午後5時30分 (ご入館は5時迄)        Googleマップ
〒250-0631 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原940-48 TEL:0460-86-3111 FAX:0460-86-3114
入館料:大人¥1,500- 大高生¥1,100- 小中生¥600-  お得な割引チケットはこちら

 
開館時間