箱根ガラスの森美術館 ヴェネチアン・グラスミュージアム  
 
インフォメーション
最新情報・ブログ
割引チケット
ホーム/ミュージアム/企画展/2015年特別企画展:魅惑の香水瓶 ─貴族が愛した香りの芸術─

魅惑の香水瓶 ─貴族が愛した香りの芸術─

甘美な香りの世界を彷彿とさせるガラス香水瓶を中心に、約160点をご紹介いたします。

   

2015年特別企画展:魅惑の香水瓶 ─貴族が愛した香りの芸術─

古くより神々に捧げられ、神秘的な力を秘めた香りは、やがて貴婦人の間で、自らを魅力的に表現する香りの「宝石」として、衣装や宝飾品とともに広まっていきます。
なかでも、イタリアを代表するメディチ家のカテリーナ・デ・メディチは、1533年フランス王アンリ2世のもとに嫁ぐ際、ヴェネチア製の大量の鏡や調度品を持参した他、ガラス職人や自らの調香師を連れていきました。このことが、香水とガラス香水瓶がフランス貴族間で広まるきっかけとなり、以後ヨーロッパ貴婦人たちは、自身の趣味や嗜好、審美眼を反映させた香水や、多種多様な素材で魅惑的なデザインの香水瓶を創らせるようになりました。
本展覧会は古来より人々の心を魅了してやまない、甘美な香りの世界を彷彿とさせるガラス香水瓶を中心に、約160点をご紹介いたします。

 
  • 会期:2015年4月25日(土)から2015年11月23日(月祝)まで
   
 
三つ口香水瓶
三つ口香水瓶 部分:18世紀後半 ロシア
 

展示構成

  • 1章 貴婦人たちが愛した香りの器
    貴婦人をイメージした香りと、ルネサンスから18世紀頃までの香水瓶を展示
    ルネサンスから17世紀以降のサロンの広まりと同時に、発展を遂げた香りの文化。文化をリードした貴婦人たちをイメージした香りとともに、ルネサンスから18世紀にかけて使用された香水瓶を展示します。


    磁器製香水瓶
    マルコ・ポーロが中国から持ち帰った白磁への憧れから研究を重ね、ヨーロッパの人々はついにその望みを1710年に叶えました。ドイツのマイセン窯で磁器の生産が始まります。繊細で優雅な磁器製の香水瓶は貴婦人たちを魅了し、一層香水文化を華やかに彩りました。
     
踊る男女像香水瓶  
犬を抱く少年像香水瓶
     
踊る男女像香水瓶
イギリス ガール・イン・ア・スイング窯 1751〜54年頃
箱根ガラスの森美術館所蔵
 
犬を抱く少年像香水瓶
ドイツ マイセン窯 1745〜50年頃
箱根ガラスの森美術館所蔵

 

 

  • 2章 ガラスの輝き、近代の香りの器
    ガラス製の香水瓶
    19世紀、前世紀に大流行した磁器製の香水瓶に代わり、香水の品質を保つことに優れているガラスに注目が集まるようになりました。その素材を使い、ファッションブランドやデザイナーが独自の香水と香水瓶を作り出し、個性的で魅力ある香水瓶が登場するようになりました。
     
馬車形香水瓶  
装飾花瓶形香水瓶
     
馬車形香水瓶
イタリア ヴェネチア 1860年頃
箱根ガラスの森美術館所蔵
 
装飾花瓶形香水瓶
フランス パリ 1860年頃
箱根ガラスの森美術館所蔵

 

 

  • 3章 香りの起源を訪ねる、古代〜中世の香りの器
    石製、ガラス製香油瓶
    古代、香りは神に捧げるものとされ、宗教儀式に乳香などの香を焚いたり、香油を身体に塗ったりしてきました。紀元前3000年頃の古代メソポタミアでは、香りを収める器としてアラバスターや硬質の砂岩といった石製ものが使われていましたが、紀元前1500年頃、ガラスが登場すると、色も形も美しいガラス製の香油瓶の需要が高まっていきます。

    薔薇水撒水器
    中世以降、周辺諸国との交易が進みイスラムの香りの文化がヨーロッパに取り入れられるようになりました。「香りの女王」と称される薔薇の香りを移した薔薇水は世界で初めての香水であり、その高貴な香りは、イスラムだけでなくヨーロッパでも憧れの的となり、室内に薔薇水を散布するための特徴ある器が作られました。
     
ローマン・グラス  
イスラム・グラス薔薇水瓶
     
ローマン・グラス
出土地 地中海沿岸 1世紀頃
箱根ガラスの森美術館所蔵
 
イスラム・グラス薔薇水瓶
イラン 11〜12世紀
箱根ガラスの森美術館所蔵
 
  • 主催:ヴェネチア市立美術館総局、箱根ガラスの森美術館、毎日新聞社

  • 後援:イタリア大使館、イタリア文化会館、箱根町

  • 協力:ムラーノ・ガラス美術館、モチェニーゴ宮殿美術館、
    drom fragrances international、MAVIVE、
    一般財団法人 箱根町観光協会、小田急グループ、フレグランス デザイナー 山下文江
 
ホーム/ミュージアム/企画展/2015年特別企画展:魅惑の香水瓶 ─貴族が愛した香りの芸術─
   
公式ブログ・最新情報
YouTubes動画チャンネル
  クリスタル・トリオ・アンサンブル特別コンサート 会期:7月15日から8月31日(毎週水曜日休演)
セーンジャー馬頭琴コンサート 毎週水曜日開催
夏休み自由研究 ガラスの昆虫たち ガラスのカブトムシやクワガタ、チョウ、トンボなどが大集合
うかい 箱根ガラスの森美術館  

箱根ガラスの森美術館は箱根仙石原 国道138号線沿いにございます。  YAHOO!地図
開館時間:午前10時から午後5時30分 (ご入館は5時迄)        Googleマップ
〒250-0631 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原940-48 TEL:0460-86-3111 FAX:0460-86-3114
入館料:大人¥1,500- 大高生¥1,100- 小中生¥600-  お得な割引チケットはこちら

 
開館時間