箱根ガラスの森美術館 ヴェネチアン・グラスミュージアム  
 
インフォメーション
最新情報・ブログ
割引チケット
ホーム/ミュージアム/企画展/2016年仮面祭企画展:ヴィヴァルディ『四季・春』が奏でるヴェネチアン・カーニヴァル

2016年仮面祭企画展:ヴィヴァルディ『四季・春』が奏でるヴェネチアン・カーニヴァル

カーニヴァルなどで上演された仮面喜劇の登場人物のガラス人形などを展示いたします。

   

2016年仮面祭企画展
ヴィヴァルディ『四季・春』が奏でるヴェネチアン・カーニヴァル

毎年2月頃、ヴェネチアでは華やかなカーニヴァル(謝肉祭)が開催されます。カーニヴァルとは、「カルネ・ヴァーレ=肉よ、さらば」というラテン語に由来し、キリストの40日間の断食修行を追体験する四旬節の一週間前から開かれます。ヴェネチアのカーニヴァルでは、仮装した人々がサン・マルコ広場に集い、飲食やパレードを楽しみながら春の到来を祝福します。18世紀には約半年間も続けられるほど、人々の生活に密着したものとなりました。
同じ頃、ヴェネチア出身のアントニオ・ヴィヴァルディ(1678-1741)が「四季・春」に付随する詩の世界を音楽で表現し、新しい音楽の形式を完成させ、注目を集めました。
本展覧会ではヴィヴァルディの代表作である「四季・春」の三つの楽章をテーマに所蔵作品41点と、現代のヴェネチアン・カーニヴァルを撮り続けている写真家・坪谷隆氏の写真作品をご紹介いたします。「四季・春」になぞらえ展示された作品と、坪谷氏の写真が魅せるヴェネチア仮面祭をどうぞご覧ください。

会期:2015年12月27日(日)〜2016年4月10日(日)

   
 
写真 坪谷隆 「遠く異国を想う」
 

展示構成

 
  • 第一楽章/乾杯〜春の到来を祝福するソネット〜

    ヴィヴァルディの「四季」には、ソネットと呼ばれる短い詩が、楽章ごとに添えられ、自然の鮮やかな変化と人々の心の動きを描写した詩の世界が音楽で表現されています。中でも「春」の第一楽章の高らかなメロディは、カーニヴァルの幕開けを祝福する人々のように、歓喜と躍動感に満ち溢れています。 ヴェネチアでは、15世紀頃から仮面を着けて仮装するカーニヴァルが流行し、16世紀には仮面舞踏会や仮面劇といった独自の文化を開花させ、祝祭都市ヴェネチアとしての名声を高めました。新しい技法を次々と生み出してきたヴェネチアのガラス工芸においても、道化師や即興仮面劇コメディア・デラルテの登場人物など、カーニヴァルの賑わいを思わせる人形作品が作られています。
     
松笠形ランプ  
ドルフィン装飾脚ペアワイングラス
     
松笠形ランプ
17世紀 ヴェネチア
 
ドルフィン装飾脚ペアワイングラス
20世紀 ヴェネチア
 
コメディアデラルテ人形シリーズ
 

即興仮面劇コメディア・デラルテ

コメディア・デラルテとは、仮面を使った即興喜劇のことで、16世紀のイタリアで誕生し、現在のカーニヴァルでも街のいたる所で上演されています。
舞台上の役者たちは、召使いや老商人という風に登場人物の特徴を表した仮面や衣装を身につけ、筋書きをもとに即興で演技を行います。それと同時に、ジャグリングやパントマイム、さらには歌もこなすため、観客はいつの間にか舞台に夢中になってしまいます。
言語の壁を越えて演技を楽しむことができるコメディア・デラルテは、発祥地のイタリアだけでなく、18世紀にはヨーロッパ各地でも流行し、イギリスのシェイクスピアや、フランスのモリエールなど、後世の劇作家たちにも大きな影響を与えました。

 
  • 第二楽章/優雅な時間〜まどろむ羊飼いと人々のソネット〜

    「春」の第二楽章は、ヴァイオリンによる緩やかなメロディで構成され、牧歌的な「パストラル」の世界が表現されています。「パストラル」とは、田園で戯れる羊飼いたちの純愛を描いた文学のことで、16世紀後半のイタリアで流行し、音楽や絵画の題材にも数多く用いられました。緑豊かな自然に囲まれた生活は、都市に暮らす貴族が追い求めた理想郷だったのです。 17世紀初頭のイタリアで誕生したオペラでも、「パストラル・オペラ」が確立するほど盛んに取り上げられ、ヨーロッパの演劇の発展に大きな役割を果たしました。ヴェネチアでは、1637年のカーニヴァルに、世界初の公共オペラ劇場が公開され、以前は貴族の宮廷でしか演じられなかったオペラが、新しい娯楽として瞬く間に市民の間にも浸透していきました。
     
恋人たち像香水瓶  
少女と孔雀像香水瓶
     
恋人たち像香水瓶
1760年 イギリス
 
少女と孔雀像香水瓶
1860年頃 イギリス
 
  • 第三楽章●田園舞曲〜羊飼いと妖精たちの舞踏会〜

    バグパイプの高らかな音色が田園に響き渡り、羊飼いや妖精たちがダンスを踊る様子が表現された「春」の第三楽章では、私たちを田園の舞踏会へ誘い込んでいるようです。  優雅な身のこなしが必須であった15世紀のイタリアの宮廷社会では、宮廷舞踏が発達し、式典では音楽や演劇を含む盛大な催しが開催されました。特にヴェネチアでは、カーニヴァルの要素を取り入れた仮面舞踏会が開かれ、17世紀には、ヨーロッパ中の宮廷でヴェネチア風の舞踏会が流行するほど、人気を博しました。また祝宴の食卓には、ヴェネチア製のレース・グラスや水晶のように澄んだクリスタッロのワイングラスやコンポートが並び、テーブル・ウェアにおいてもヨーロッパ王侯貴族達を魅了し、ヴェネチアン・グラスの名声は一層広がっていきました
     
楽隊長  
船形水差
     
楽隊長
1930年頃 ヴェネチア
 
船形水差
16世紀中頃 ヴェネチア
 
レース・グラスのテーブルウェア
「レース・グラス・フォーク、スプーン、ナイフ」 20世紀初 ヴェネチア

 

 

“コメディア・デラルテ”登場人物の性格・特徴

ブリゲッラ  

ブリゲッラ

緑で縁取られた白いスモックとパンツを着て、金銭欲を強調するオリーブグリーン色の仮面を着けています。世知に長けた策士で、ペテン師でもあります。一方、優れた音楽家でもあり、ギターを携え
た姿で表されることもあります。

     
プルチネッラ  

プルチネッラ

イタリア南部のナポリ出身の召使で、くちばしのような長い鼻のある仮面を着け、若い雄鶏のような容貌をしています。愚鈍と明敏、臆病と大胆と対立するどちらの性格にもなることが出来ます。哲学的で憂鬱な夢想家でもあります。

     
ドットーレ  

ドットーレ

名門大学のあるボローニャの出身です。博識のようにひけらかしてくる知識はほぼ嘘です。まれに良いことも言いますが、無知で傲慢な性格をしています。中身のない学習を意味する膨らんだ頬と丸い眼鏡をかけた仮面で表されます。

     
コロンビーナ  

コロンビーナ

アルレッキーノのようにつぎはぎだらけの服を着て、白いエプロンを着けた姿で表される召使です。仮面は着けません。女性的な魅力で周囲を惹きつける一方、抜け目ない性格を求婚し続けるアルレッキーノに見抜かれてしまいます。

     
アルレッキーノ  

アルレッキーノ

継ぎ合わせた色鮮やかなまだら模様の衣装を着た道化師姿の召使です。額に瘤のある悪魔を表した黒い仮面を着けています。常に貧しく、空腹でいますが、持ち前の機知とユーモアで権力を持つ登場人物たちを笑い者にしていきます。

 
ホーム/ミュージアム/企画展/2016年仮面祭企画展:ヴィヴァルディ『四季・春』が奏でるヴェネチアン・カーニヴァル
   
公式ブログ・最新情報
プレスリリース・写真等
YouTubes動画チャンネル
  2017年仮面祭企画展:プリマヴェーラ〜春を彩るヴェネチアン・グラス〜 会期:4月9日まで
ヴェネチア仮面祭 あなたも仮面をつけてみませんか? 会期:12月27日から年4月9日
クリスタル・ガラスのサクラ太陽光によって七色に輝きます。展示期間:5月21日まで
うかい 箱根ガラスの森美術館  

箱根ガラスの森美術館は箱根仙石原 国道138号線沿いにございます。  YAHOO!地図
開館時間:午前9時から午後5時30分 (ご入館は5時迄)            Googleマップ
〒250-0631 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原940-48 TEL:0460-86-3111 FAX:0460-86-3114
入館料:大人¥1,500- 大高生¥1,100- 小中生¥600-  お得な割引チケットはこちら